top of page

医局長から

医局長から

研修医・医学生の皆さん、昭和大学江東豊洲病院のホームページをご覧いただきありがとうございます。
泌尿器科は、副腎、腎、尿管、膀胱、前立腺・精囊、尿道、精巣、性器などを対象とする外科系診療科の一つです。従来マイナー外科の一つとしての印象がありましたが、例えば当科で扱う疾患である前立腺がんはここ数年本邦でも男性がんの罹患率1位となっており、非常にメジャーな疾患を扱う科です。一例としてその治療をご紹介すると、ロボット支援手術が他領域に先立っていち早く臨床応用されたり、小線源治療他の高精度な放射線治療も行われ、さらには薬物療法では新規ホルモン剤、化学療法剤が次々に保険適用となり、現在では遺伝情報に基づいた分子標的薬も用いられるなど目覚ましい発展をしています。
泌尿器科の診療領域は多岐にわたりますが、このように内科的・外科的両側面の診療技法が必要となることが泌尿器科の特徴で、疾患に関わる疾患の予防、検査、診断、治療までを網羅した一連の診療を単科で行うことが大きな魅力と言えます

小川祐.jpg

手術は開腹手術や腹腔鏡手術、内視鏡手術など多岐にわたり、小児の手術などの細かい手術も行っております。がんの治療に関しては前述したように、手術のほかに放射線治療や抗がん剤治療、免疫療法、分子標的薬などを行いますし、良性疾患では前立腺肥大症や尿管結石、女性の尿失禁、過活動膀胱、骨盤臓器脱も扱います。このように昭和大学江東豊洲病院泌尿器科では、良悪性問わず幅広く泌尿器科疾患の診断・治療を行っています。
 

超高齢化社会を迎え、泌尿器疾患を患う患者も増加傾向であり泌尿器科医のニーズは今後高まっています。また女性患者も増加しており女性泌尿器科医のニーズもますます増加しています。
泌尿器科に興味をお持ちの皆さん、男女を問わず一度気軽に見学にいらしてください。

医局長・診療科長補佐 小川 祐
入局・見学希望などのお問い合わせ
電話発信中のフリーアイコン.png
03-6204-6910(代表)
メールの無料アイコン素材.png

​医局長 : 小川 祐​

bottom of page